このエントリーをはてなブックマークに追加 

あの吉野家が中本インスパイア?「牛若丸」の鬼きつね牛丼とは?

「吉野家」といえば、牛丼チェーン界の王道中の王道。けれど最近は、ちょっと迷走気味なんでは?と思っ...
08/20 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

おでん居酒屋の意外なキーマカレーコロッケとは?「野毛八」(日ノ出町/桜木町)

呑兵衛を受け入れる無限の懐をもつ野毛。本日はこちらにふらっと訪問。「野毛八」もともと「野毛山カレ...
08/19 22:01 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

呑んで食って〆にカツカレー。「とんかつと和食の店 こーちゃん」(関内)

野毛飲みのスタートは、野毛から少し外れたこちらのお店から。「とんかつと和食の店 こーちゃん」かつて...
08/19 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

池袋に誕生したムスリム中華の大型店。「アリヤ 清真美食」(池袋)

中東料理、西域中華料理がとみに増加する、池袋から赤羽、川口にかけての埼京線沿い。名付けて、「城北...
08/18 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

路地裏に発見、インドまぜそば。「旅人の木」(荻窪)

荻窪で仕事、ほんの15分ほどの空き時間。ちょっと散歩に出たら気になる看板が。「油そば まぜそば」なぜ...
08/17 00:03 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

あの小宮、というか いつもの小宮なのでドアップで

いつもの「あの小宮」(笑)へ。 いつものとんこつなので、そのまま写してもなんだとあうことで、ドアッ...
08/16 07:59 |
まーさ!食べある記

麻布十番、街角の逸品、みかライス。「洋食屋 大越」(麻布十番)

凄くハキハキしたおばちゃん。カレーライスは650円、カツカレーライスは1030円。けれども、もう一つ気に...
08/16 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

知る人ぞ知る北参道のあのカレー、我孫子で再生。「Gallery Cafe & Curry 紅屋」(湖北)

かつて、東京北参道あたりに、「紅屋」という激シブなカレー屋があったのを覚えているでしょうか?オシ...
08/15 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

もうすぐ30年、日本初のヴィーガンインド料理店。「ナタラジ荻窪店」(荻窪)

自然派インド料理を標榜する、日本初のヴィーガンインド料理店「ナタラジ」。その一号店にあたる荻窪店...
08/14 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

団地の中に現れた、実力派スープカレー店。「スープカレー鳩時計」(武蔵野台)

京王線、調布、飛田給のもう一つ先、武蔵野台駅。牧歌的なタクシー乗り場がある駅前から坂を下り、車返...
08/13 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

"間借りカレー専門店"にあのめぇさんがコラボ。「ソーシャルカレーショップ 豆くじら」(高円寺)

夏が来る前の6月のある日。「リロンデル」「Green Curry めぇ」のめぇさんからお声がけいただき訪れたの...
08/12 00:01 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

東京タワーとともに時を刻む、老舗のカレー丼。「むさしの」(赤羽橋)

東麻布商店街。今でこそ、東京メトロ南北線、都営大江戸線と電車でのアクセスも多様になりましたが、か...
08/11 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

あの小岩の名店、密かに2号店。「サイフォン2」(南行徳)

南行徳で、期待を裏切るまさかの素晴らしさを披露してくれた新店「トロピカル パラダイス」。(記事はこ...
08/10 13:09 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

予測を鮮やかに裏切る、驚きのケララ料理。「トロピカル パラダイス」(南行徳)

まさに楽園を見つけました。ますます多国籍化の途をたどる行徳の街に現れた、一軒のお店。「トロピカル ...
08/09 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-

錦糸町ミッドナイトバングラ四天王の一角で、川魚のカレー。「バングラ タンドリー&バー」(錦糸町)

真夜中の錦糸町に煌く、4つのバングラデシュ食堂。・アジアカレーハウス Asia Curry House(ACH)・ア...
08/08 00:02 |
カレー細胞 -The Curry Cell-
日本全国の関連カテゴリ
新着